海外旅行の前には外貨宅配を利用してみよう|手間もかからず便利

爆買いに頼らない株式投資

男性女性

押し目買いを行いたい株式

近年のドンキの株価は中国人の爆買いを背景にして、大きく伸びる状況が起こっていました。2013年から2015年の半ばにかけては、株価は2000円弱から5000円を超えるまでに上昇しています。しかし、2016年になると中国の景気減速の影響から、中国人の爆買いがなくなってきます。その結果として、株式市場ではドンキへの業績期待が薄くなり、株価が下落することが起こっています。2016年の8月には株価が2500円を割る状況が生まれていました。しかし、その後は中国の爆買いの影響を折り込む動きが出ています。そのため、ドンキの株価は底値から反転上昇をみせる傾向が出ています。ドンキの月足チャートにおいては、2016年の8月を中心にして三尊底の形状が出ていることからも、今後は株価が上昇していく可能性があります。したがって、現状はドンキの株式を購入するには良い機会が訪れていると考えます。ドンキでは食品などの売れ筋商品の売り場を増やすことによって、インバウンド需要に頼らなくても成長できる体制が整ってきています。また、都心ではデパートの跡地に入居する積極出店も実行されています。そうした施策によって、今後は着実な売上げのアップが見込めると想定できます。よって、これからはドンキの株価が下押しをする局面では、株式を買うには絶好の機会となり得ます。今後のドンキにおいては年間で10%程度の増収増益が狙えるため、株式の購入によって将来は十分なリターンが望めると感じているからです。